***農林水産大臣賞***
最優秀産地
「深蒸し煎茶の部」
10年連続受賞産地
信頼のブランド
 大  蔵  園

OHKURAEN

は登録商標です。
静岡県掛川市各和901-4
TEL.0537-22-3615
FAX.0537-22-3648

──────────────
掛川産深蒸し茶
製造・販売

(国内販売・海外輸出)
──────────────

 

6
6
1
6
4
3

会社案内

社長からのご挨拶

http://www.ohkuraen.com/files/libs/916/201705181406209535.jpg
・1955年生まれ。
・1977年東洋大学工学部電子工学科を卒業。
・ジャズ・クラシックを聞き、ワインを嗜み、テニスが趣味。
・1980年茶業界に入るも官能検査と呼ばれるお茶の品質評価に疑
問を感じ茶業界で初めて科学的な分析データによる品質評価を導
入、その後データ化に成功し製品化される。
・茶業界で初めてジッパー付きスタンディングポウチを採用し製品
化に踏み切る。
・その品質の高さと商品力を認められ、大手量販店に採用される。
・ナイロン製プレミアム三角錐ティーバッグの製品化に一早く取組
み海外進出の足掛かりを作る。
・東京電力福島第一原発事故以前には8か国に輸出するも事故の影
響で現在は5か国となる。
・科学的データに裏付けされた品質と、伝統的な焙煎技術に支えら
れた独特の味わいを「六割五分仕立」という驚異の仕上げ率
で磨き上げた「深蒸し純煎茶」の品質は他の追随を許さない。
・「深蒸し純煎茶」を新たに増設したクリーンルームで抹茶同等の
微粉末化に成功。「第三の煎茶」として新製品化をスタートさせる。
・先代から引き継ぎ掛川の深蒸し茶を製造販売して50有余年
「本物はお客様に支持される」 「商品はお客様のためにある」
を経営理念として今日も挑戦を続ける。
 
数ある製品の中から当園のお茶を選んで頂いたお客様方のご希望にお応えする事こそ私たちの使命だと考えております。半世紀以上掛川の深蒸し茶を製造販売して参りましたが、私たちの製品を支えて下さるお客様方のために日々精進し、努力を怠ることなく邁進してゆく所存でおります。変わらぬご愛顧を賜れば茶業を営む者にとってこれ以上の幸せは御座いません。
 
敬白
代表取締役社長
1955年生まれ
東洋大学工学部電子工学科卒業
-----------------------------
ジャズ・クラシックを聞くも 煙草を嫌い、ワインを嗜み、テニスが趣味の当年とって還暦過ぎの初老の小人。茶業界に身を置き深蒸し茶の効果・効能を自ら享受する。深蒸し茶を毎日の生活に積極的に取り入れ、自身の若さ維持に活用している。
深蒸し茶の効果・効能の素晴らしさをまさに実感し、生涯現役をめざす。深蒸し茶の素晴らしさを一人でも多くの人に伝え、普及させたいと願っている。

日本の伝統を守りつつ、茶流通業界の変革に向けて行動しています

時代の流れがめまぐるしく変わり日本人の食生活も多様化しています。

 

 ペットボトルで飲む日本茶が普及し、お茶本来の味わいが忘れられてゆくなか、
本当の味を知りたいと感じているお客様も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
ペットボトル飲料では決して味わうことのできない、急須で淹れる本物の味わいを
当園の煎茶でぜひ一度お試しになってみては如何でしょう。日本茶本来の素晴ら
しさを改めて発見して頂けるものと思います。

 

これからも昔ながらの伝統に支えられた技術と製法で
お客様に本物の日本茶を提供してまいります。


* *  社  訓  * *

一、 何時の時代も本物はお客様に支持される
一、 何時の時代も製品はお客様のためにある


大 蔵 園 は国内で販売される信頼のブランドです

OHKURAEN は世界に輸出される信頼のブランドです
 

会社概要

■会社名有限会社 大蔵園
■所在地〒436-0113 静岡県掛川市各和901-4
■電話番号0537-22-3615
■FAX番号0537-22-3648
■代表者代表取締役社長 井上 高志
■設立年月日創 業/大正元年 丸村生葉問屋として創業開始、茶の流通業に携わる 創 設/昭和22年 丸村製茶工場として現在地にて本格的な荒茶製造を開始 改 名/昭和44年 大蔵園と改名、販売店向けに袋詰製品の産直販売を開始 設 立/昭和59年 有限会社大蔵園として法人設立、産直メーカーに特化する 代表取締役社長/ 平成18年4月代表取締役社長に井上?志就任
■業務内容深蒸し茶製造・販売(国内販売・海外輸出販売)
■昭和59年茶業界で初めてお茶袋にジッパー付スタンドパック袋を採用販売開始
■平成7年お茶の品質を科学的に評価するため、近赤外分析計を業界に先駆けて導入
■平成10年業界で初めて一番摘み、二番摘みによるグレード茶の商品化を考案
■平成11年掛川産深蒸し茶を業界で初めてグレード別表示し商品化して販売開始
■平成16年「世界お茶まつり2004」にてグレード茶を世界に向けて発信
■平成17年主力製品の掛川産深蒸し茶の「三角ティーバッグ化」を図り、最新鋭機を導入
■平成18年三角ティーバッグ化第一弾の新製品を発売、FOODEX JAPAN 2006で発表
■平成19年第二弾新製品をシリーズで発売、FOODEX JAPAN 2007で発表
■平成20年シリーズ第三弾を発売、海外に向けプレミアムティーバッグとして輸出開始
■平成21年海外アンテナショップにてプレミアムティーバッグのテスト販売開始
■平成22年香港、韓国のチェーンストアにて販売開始
■平成23年国内向け「大蔵園」ブランドのロゴマークを商標登録出願し取得 同年ニューヨーク、マンハッタンの片桐商会にて初めて 掛川産深蒸し茶が高い評価を得てニューヨーク進出第一号店となる
■平成24年海外向けブランド「OHKURAEN」のロゴマークを商標登録出願し取得
■平成28年平成28年12月9日  大蔵園のオリジナルティーバッグのデザインが商標登録されました。 ・静岡県掛川市産 深蒸し粉茶「朝のティーバッグ」 ・静岡県掛川市産 二番摘み深蒸し茶「午後のティーバッグ」 ・静岡県掛川市産 抹茶あられの香り「夜のティーバッグ」 ・静岡県掛川市産 一番摘み深蒸し茶「お客様のティーバッグ」
■平成29年
新たにJISISO規格クラス6に準拠するクリーンルームを新設。 「第三の煎茶」掛川産臼碾き深蒸し粉末茶の製造販売を本格スタートする。

一貫生産システム・・・茶農家から直接お客様のもとへ

「大蔵園」一貫生産システム
 第68回全国茶品評会で『農林水産大臣賞 最優秀産地賞』を10年連続通算18回受賞。この名誉に輝く品質の確かな掛川産深蒸し茶を、熟練した茶職人が厳選してお客様に直送致しております。大蔵園がお届けする掛川産深蒸し茶『グレード茶』を是非一度お試し下さい。